スペース・ムウ みづゑの日記

無漂白ネル生地の品質と注意

スペース・ムウで扱っているオリジナルの無漂白ネル生地。
これについて確認を・・・。
このネル生地で普及を行っている方の中に、この生地を
オーガニックコットンのネルと説明している方がまだ少し
いらっしゃるようですが、これはオーガニックコットンでは
ありません。
オーガニックコットンと同等の安全性を持っているコットンです。
同等なのになぜオーガニックと呼んではいけないか・・・
それについて、まずオーガニックコットンの定義を知りましょう。



オーガニックコットンの定義は、「有機栽培認定基準に従って、
化学物質を3年間使用していない畑で、一切化学物質を使わないで
栽培された綿花のこと」であり、農薬、病虫害などに関しては決められた
範囲で対応を取っている。
各国の認証機関によって、農場や工場で厳しく検査され、合格したもの
だけがオーガニックコットンと名乗ることができる。

価格的には、農薬を使ったコットンの1.5倍~2倍、茶綿や緑綿などの
カラードコットンは、4~5倍の価格差がある。



というのがオーガニックコットン。
ポイントは「3年間」。これは結構知られていますよね。
そして「認証機関」です。ここで合格するとオーガニックコットンの
認証マークをもらえて、オーガニックコットンの品質を語れるわけです。
本「ひろがれひろがれエコ・ナプキン」を読んで下さった方は、この
違いをわかっていらっしゃると思いますが、スペース・ムウのネルは
パキスタンの綿を使用していますが、過去に1度も化学物質を使ったこと
のない畑で栽培されたものです。3年どころではありません。しかし、
認証機関には通していないのです。私たちが求めていたのは認証ではなく
安全性の裏付け。無漂白ネルがどれだけ安全かということを調べる為に
オーガニックコットンの認証機関ではなく、化学分析調査機関にこのネルを
分析してもらったという訳です。(かつて、オーガニックコットンのネルの
試作品を作ったこともありましたが価格が3倍以上になってしまったことから、
今のままのものがどれだけ安全なのかを調べてみようと思ったのです。)
繊維関係のものの残留農薬や化学物質の分析を依頼する人は意外にも過去に
例がなかったとのことで初期費用がかさみましたが(認証にお金をかけるほうが
多いとのこと。)検体として調査依頼したオーガニックのネルと無漂白の
手摘みのネルが同等の安全性という結果だったことから、この事実が解って
いれば、なにも高いオーガニックコットンでなくとも安全で安価なほうが
いいではないか・・・という結果になったのです。

私たちの活動は布ナプキンを売って広めることではありません。
自分で作る布ナプキン「エコ・ナプキン」を広めていくことです。
スペース・ムウに布を求めてくる方々は商業目的ではないので、求めやすく
より手作りに興味が湧く安全なもの<適正価格>であることが不可欠です。
(販売を目的とする方には生地はお分けしておりません。)
そういう理由で「無漂白ネル生地」を提供しております。
オーガニックコットンは確かに素晴らしい素材ですが、まだまだ希少な
ものであることから価格は高いです。消費者に意識はありませんが、認証の
分もお金を払っていると考えてもおかしくありません。
しかし認証がついている分、オーガニックコットンを名乗ることができ、
そのことから一目で安全な商品だとわかることも魅力なのだと思います。

このような理由から、私たちのネル生地はオーガニックコットンでは
ないのです。説明をしていただくのは長くなってしまうかもしれませんが
オーガニックコットンを名乗ると(オーガニックコットンではないので)
間違ったことを言っていることになってしまいます。
同等の安全性を持っているということは事実ですが、簡単な理解でこの
ネルをオーガニックと呼ばないように注意してください。

更に2008年から無漂白ネル生地は改良されております。
縦糸に使用されるサイジング(合成のり付け)の工程を回避できることに
なりました。そのため縒りをかけた2本の糸を縦糸に増やして強度を
つけることになり、それまでの希望であった工業用洗剤での洗浄処理を
高温の湯と蒸気での熱処理のみにするということが叶いました。
私たちのオーダーの反物を製造する為に一回機械を洗浄したりという
コストもかかり、全体的に24%の値上がりをせざるを得なくなりました。
しかし、化学分析をした当初のネルに比べてより安全性が増したのです。
今ではこのネルは化学物質過敏症の患者さんにも安心して使えると言って
いただいております。

母(角張光子)は倒れる前にこれだけのことをしてくれたのです。
私はこの素材を守り続けて、伝えていくことを使命だと思っています。
今ではたくさんの布ナプキンメーカーが登場し、私たちの活動は
かえって珍しいスタイルみたいになってしまいましたが、私はこの
カタチをとても大切に思っています。
普及メンバーの中には「売ることをしても悪いわけではないのでは?」と
言われる方が増えてきました。客観的に考えるとそうも思います。
ですが、逆にこのスタイルだからこそついてきてくれた方たちも多いのです。
自分で作ると、得るものがとても多いということもこの活動の利点です。
「自分で作る」ということは「自分で考える」ということもついてきます。
自分で考えることなんて、かつてはあたりまえだったと思います。しかし
今では本当に「まず自分で考える」ことをしなくなった人が多くなりました。
考えずに聞いてしまうんです。そして「考えもしなかった~」と言うのです。
いやいや、考えてみてください。私、辛口でしょうか・・・・?



みづゑ

スポンサーサイト

PageTop