スペース・ムウ みづゑの日記

無漂白ネルでコーヒーを淹れる楽しみ



庭のアジサイを飾った作業台。
小さい次元が葉っぱにのっているのは旦那のいたずら。
ちょっと微笑ましいのでそのままにしてます(笑)。

2011062312240000.jpg

ところで、うちではエコ・ナプキンの素材である無漂白ネル生地で
ネルドリップ用のコーヒーフィルターを作ってもう長いことこれで
コーヒーを淹れています。
ポケットのような形状の2枚のネルを袋縫いにして、軸になる輪っかに
縫い付けます。

2011062312250000.jpg2011062312560000.jpg
2011062313080000.jpg2011062313140000.jpg

こんな感じで、できあがり。
このフィルターを毎回コーヒーを淹れる前に煮沸します。
ペーパードリップと同じくらいの挽き方で、ゆっくりと
お湯をさします。無漂白のネルなので変なにおいもなく、
またペーパーフィルター独特の紙を抜けた感じの香りも
ありません。最近はペーパーでもそういうのは少なく
なりましたが・・・これは何度も使えてかなりエコ。
目が詰まりすぎて全然おちなくなったり、逆にネルの
起毛が薄くなりダラダラと落ちるようになったら換え時
です。その頃にはフィルターはすっかりコーヒー色に
染まっています。
ペーパーフィルターの形状に縫えば、ドリッパーに
セットして使うこともできます(^-^)
その場合も毎回煮沸をして、湿った状態で使ってね♪

味は格段に違うと思います。是非お試し下さい。
うちで飲んでいるコーヒーはもう長年(私が産まれる前
から)コクテール堂のオールドビーンズコーヒーです。
オールドビーンズコーヒーというのはコクテール堂の
言い方で、一般にはエイジドとかエイジングとか言われて
いる、生豆の状態ですぐに焙煎するのではなく、生豆の
状態から2年半枯らして(熟成させて)から焙煎する方法
です。収穫後すぐに焙煎されるコーヒーのほうが多く、
それは酸性食品となりますが、エイジングすることに
よって豆は酸性からアルカリ性へ変化して、さらに深く
丸みを持った味になっていきます。

これを朝飲むと、本当に調子がいいのです。
無漂白のネルをオリジナルで作ってから気がついた、
更に美味しい淹れ方。いいお豆を使っているので、上手に
淹れて味わいたいですものね。


みづゑ

スポンサーサイト

PageTop